ウッドデッキに発生する黒いシミについて
 ウッドデッキはご使用環境や温度・湿度の変化によって、まれに黒いシミ状の色変化が現れる場合があります。

 これはカビではなく天然木に着色防腐剤を適正量を含浸させた場合に発生する現象ですので、そのままご使用いただければ時間と共に消えて行くものです。
◆ 上面(床表面)への発生 ◆

 雨の後や屋外使用初期での乾燥は上面より始まるため、水分が大気中へ蒸発する際に木材内部に含まれる着色防腐剤成分および樹脂分の一部を引っぱり出します。

 それが上面の表面に滲出してくるため黒いシミとなって見えるものです。このことは、木材内部に十分着色防腐剤が含まれていることとご理解下さい。
◆ 木口に近い部分への発生 ◆

 原木の状態では根より水分や栄養分を吸収し上の枝へと水管を通って運びます。

 当社の板材は耐候性や大きなひび割れの防止のためその水管(木目)に沿ってほぼ平行に 切断したものを使用しています。

 そのため板材では木口に水管が集まり着色防腐剤の塗布の際に木口から比較的多くの着色防腐剤が吸収されます。

 木口に近い部分への発生は、着色防腐剤の含量分の高い端縁に近い内部からの滲出と考えられます。

 このことは、劣化が早く始まる端縁部に着色防腐剤が多く含まれると言うことで、劣化防止に大きく貢献していることとご理解下さい。
◆ 斑点状のしみ ◆

 着色防腐剤は表面で塗膜を形成するものではなく、木の内部に含浸し撥水性や防腐効果を発現するものです。

 そのため、組み立て前の原材料の木板を着色防腐剤を塗布後に、十分に含浸させるため重ね合わせた状態(積み置き状態)で養生します。

 そのときの面と面に残存する斑点状の着色防腐剤が周囲より多く含浸した状態のものが、水分の移動・飛散時に発現することがあります。

 木材内部へ十分な浸透のための着色防腐剤の塗布方法をご理解いただけますことを願っています。
◆ 上に当てはまらない場合 ◆

 RSウッドデッキは天然木の風合を大事に作っているため、自然の力で様々な変化を起こす場合があります。

 上の説明に当てはまらない場合で、疑問にお思いのことがありましたら、下記までご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 ご使用の期間や環境、どのような変化が発生したかをお知らせ願えると適切なアドバイスができるかと存じます。




お問い合わせ・ご相談

戻る



Copyright(c)2000-2002 Riso-Net.All Rights Reserved.



最終更新日:2002-09-09
last update : Sep.09,2002