トップページに戻る ロールカーテンキット

 リソーネットの商品の中でもお電話でのお問い合わせが多いロールカーテンキットですが、やはり既成のロールカーテンでは物足りないという方が増えてきているのではないでしょうか。

 市販のロールカーテンは生地や規格が決まったものしかありませんし、カーテンによってお部屋のイメージもかわりますからインテリアとしても生地は好みのものを選びたいですよね。

 このキットでしたらお好みの生地をお使いいただけ、取り付けたい場所の寸法にも合わせることができます。また、生地を取り替えることもできるので、簡単にお部屋のイメージを変えることも可能です

 サイズは幅30cmから300cmまで、高さは50cmから400cmまで対応できますが高さ300cm以上をご希望になる場合は弊社へご相談下さい

 メカには2種類ございます。最下部のウェイトバーに紐が付いていて引っ張る「プルコード」タイプと側面にチェーンが付いている「チェーン」タイプです。

プルコードタイプ

 プルコードタイプは側面メカ部の固定ネジをはずしていただければ簡単にロール本体が取り外せ、ご自宅で生地を巻きつけていただくことができます。

 このタイプは巻き上げの際に手を添えるので真っ直ぐ巻きやすく、取り扱いが簡単です。但し、メカに巻き上げの調整バネが入っているのですが引っ張ったり、巻き上げたりとを何回も繰り返すことによって内部の「バネが若干伸びてくる(弱ってくる)といったことがあります。

 その時は、フレームサイド(側面)の調整ネジを強の方向に回すことで調整できます。もちろん、すぐに伸びたり弱ってきたりすることはありませんからご安心を。

チェーンタイプ

 チェーンタイプは生地の取り付けが難しく、完全なオーダーメイドとなってしまうのですが、高さ(3m以上)のあるものには最適です

 チェーンタイプは巻き取りの強さが安定していて、耐久性に優れていますから手の届かない場所で耐久性が要される場合にはお勧めです

 ロール本体への巻き付け方は2種類あり、粘着テープで貼り付けるタイプとロール本体へ挟み込むタイプがあります。

粘着シートによるスクリーンの取り付け

狭み込みによる取り付け

 どちらが良いかというと長所・短所がありますから最終的にはお好みということになります。粘着テープで貼り付ける場合は貼り付ける際にしわが寄りにくく真っ直ぐ貼り付けやすい。

 挟み込むタイプは生地をはずして洗濯できる。といったことが挙げられます。但し、挟み込みの場合、部品がプラスチック製なので何度もはめ込み作業をするうちに折れたり、曲がったりすることも考えられます。部品は別売りできませんから十分注意が必要です。

 それに対し貼り付けタイプは生地をはずした時にテープの粘着効果がなくなってきますが、新たに両面テープを張り替えていただければ復活します。

 巻きつけ方のコツとしてはロール本体に生地を真っ直ぐ貼り付けることです(結構難しいですよ)。

 つまり、巻き込み方向に垂直なラインで裁断して巻き取りロールのラインに合わせるということです。位置を決めたらくるくるっと半分くらいまで巻いてみて、巻きずれが起こっていなければその位置でOKです。生地を巻き付けた際、巻きずれが起こることがあります。プロでも真っ直ぐに貼り付けるのに苦労しているのですから気になさることはありません。

 巻きずれが起こる側の反対側(負けている側)の端部にテープを巻いてみましょう。これで解消されるはずです。

 プルコードタイプはバネの調節も大事です。側面に強・弱と表示がありますからそれに従ってマイナスドライバーなどで回して下さい。少しずつ様子を見ながら調整して下さい。 バネがなじむまでは多少緩んできます。

 ロールカーテンキットにはハリがあり、薄手の生地が適していますが、しわ加工の施されているものや厚みのあり過ぎるものでなければだいたい取り付けに問題はないでしょう


戻る


Copyright(c)2000-2002 Riso-Net. All Rights Reserved.


最終更新日:2003-07-15
last update : jul.15,2003