あなたのブラウザは、現在JavaScriptが無効になっています。
そのため一部の機能が動作しません。JavaScriptを有効にして画面を更新して下さい。


バルコニー改良工事

お客様ご自身による施工事例(ルーフバルコニー)


 施主様:千葉県松戸市 Y・F様邸
 工事の目的:ルーフバルコニーの美観向上


 ご相談いただいたのは、千葉県松戸市のマンション5階にお住まいのY・F様からです。ルーフバルコニーがあると言うことで、結構なお住まいなのだろうなと想像しておりました。

 お客様ご自身が、ご自分のイメージを膨らませられて施工されると言うことで、リソーネットの床材をお選びいただいた次第です。私たちリソーネットのスタッフも完成を楽しみにしておりました。

 Y・F様が施工の前後に写真をお撮りいただいて送って下さいました。早速ご紹介したいと思います。

計画  ある日メールで計画書・使用枚数計算書が送られてきました。エクセルで緻密に企画されています。

 むむ・・・これはタダモノではない。リソーネット一同に緊張が走りました。(笑)
計画  施工前のルーフバルコニーです。見晴らしが良いですね〜、でも、確かにちょっと殺風景かも知れません。
計画  こちらは反対側から見たところ。しかし広いバルコニーですね。ウサギ小屋に住んでいるウェブマスターとしてはちょっと羨ましかったりして。(笑)

 さて、このバルコニーがどのように変身するのか、楽しみです。
計画  半日後、敷き込み完了の写真です。Y・Fさんと息子さんの共同作業で完成したバルコニー、見違えるようです。
計画  こちらは反対側から。いや見事なデザインセンスです。

 このようにご利用いただいている実際を見せて頂くと、本当に嬉しくなってきます。
計画  一週間後、ベンチセットとパラソルを購入されたとメールを頂きました。

 いやぁ、こんなところでビールを飲んだら美味いでしょうね〜。
計画  お伺いすれば、このベンチセットや、この後配置される目隠し用の植木なども全てインターネットを利用してお求めになったとか。

 インターネット利用の達人ですね。リソーネット一同、心から感服いたしました。


ご注意

 RS人工芝とウッドデッキ、ウッドデッキとパッチングデッキはジョイントできません。

 この事例ではウッドデッキと人工芝の間に隙間を作っていただいています。人工芝やパッチングデッキのようなプラスチック製床材は、樹脂の特性上、一時的には高温になると多少膨張し低温になると多少収縮します。また、1〜3年くらいの長期で見た場合最大1.6〜1.8%程度収縮しますので、その誤差を吸収するためです。

 ジョイントに付きまして、RS人工芝とパッチングデッキ、ウッドデッキとマイカフロアーの組合せで行うことができます。RS人工芝とパッチングデッキは共に樹脂製ですので問題ありませんが、ウッドデッキとマイカフロアーを組み合わせられる場合は上記の膨張収縮の件を考慮に入れてお使い下さい。







Copyright(c)2000-2002,Riso-Net



最終更新日:2004-06-29
last update : Jun.29,2004