あなたのブラウザは、現在JavaScriptが無効になっています。
そのため一部の機能が動作しません。JavaScriptを有効にして画面を更新して下さい。


間伐材ウッドデッキ

特殊施工事例(サービスエリア)


 施工現場:和歌山県 阪和自動車道・紀ノ川サービスエリア(下り線)
 工事の目的:国産間伐材の有効利用・サービスエリアのウッドエリア建設


 リソーグループの一社、リソー樹脂株式会社はメーカーですので、基本的には材料のご支給を受けての製造請負は行いません。しかし、今回はちょっと事情が違います。

 衰退が懸念される国内林業を活性化させるため、間伐材を有効利用し、地元原料を地元に施工すると言う素晴らしい目的がありました。

 リソーグループはこの趣旨に賛同し、間伐材をご支給いただき、リソーグループがこれまでに培ったウッドデッキの技術でご協力させていただくことにしたのです。

 今回のウッドデッキ・グラウンドタイプに使われている木材は和歌山県有田郡清水町で間伐された杉です。これを防腐処理し、リソー樹脂がウッドデッキに仕上げました。そして、それは地元業者様の手で、同じ和歌山県にある阪和自動車道紀ノ川サービスエリアに施工される運びとなりました。

紀ノ川サービスエリア  阪和自動車道・紀ノ川サービスエリア(下り線)は、和歌山平野を一望に見わたせる風光明媚なエリアです。このサービスエリアに、くつろぎの場としてウッドエリアを設けられることになりました。

 2002年8月1日現在、一般利用開始はもう少し先になるようです。紀ノ川サービスエリアについてはJ-SaPaでご確認下さい。

 杉の香りが立ちこめる空気をお伝えできないのが残念です。細かい説明は抜きにして、ウッドデッキ・グラウンドタイプのご利用実例をご覧下さい。
紀ノ川・ウッドエリア 紀ノ川・ウッドエリア
紀ノ川・ウッドエリア 紀ノ川・ウッドエリア
紀ノ川・ウッドエリア 紀ノ川・ウッドエリア
紀ノ川・ウッドエリア 紀ノ川・ウッドエリア
紀ノ川・ウッドエリア 紀ノ川・ウッドエリア





施工事例集に戻る




Copyright(c)2000-2002,Riso-Net



最終更新日:2004-06-29
last update : Jun.29,2004