あなたのブラウザは、現在JavaScriptが無効になっています。
そのため一部の機能が動作しません。JavaScriptを有効にして画面を更新して下さい。


スイミングスクール・プールサイド他施設工事

リソーネットによる施工事例(スイミングスクール)


 施主様:埼玉県熊谷市 Iスイミングスクール様
 工事の目的:プールサイド他の安全で快適な床面整備


 全国に数多くのスクールを持ち、オリンピック選手も輩出しているこのスクール様は、以前からパッチングデッキをご利用下さっています。

 今回は熊谷市のスクールにニューパッチングデッキをご利用下さることになりました。屋内専用に設計され、肌への当たりがソフトなニューパッチングデッキはこうした設備に最適です。

 また、今回は更衣室にウッドデッキもご利用いただいています。

計画  こちらはシャワールームから更衣室への部分です。コンクリートの床にステンレスの排水溝。これで完成としている施設も珍しくありません。

 このスイミングスクール様は、さすがに一流だけあってこれで良しとはされません。
計画  ニューパッチングデッキを敷き込みました。

 こうして敷き込むだけで清潔で美しい床ができあがります。シャワールームなどには濃い色の方が適しています。
計画  こちらはプールサイドです。二つのプールの間にある、約2.4mの通路部分にニューパッチングデッキを敷き込みます。

 この写真や下の写真に写っている段ボール箱が60枚入りの荷姿です。ご購入の時の参考になりますでしょうか。
計画  順番に敷き込んで行きます。ベースカラーと装飾色を分けて通路に文字を表現したり、幾何学模様を描くこともできます。

 1枚が約30センチ角ですから、あらかじめ方眼紙やエクセルの表を利用して計画すると、狙い通りの物が作りやすくなりますね。
計画  こうして敷き込むことで、水に濡れた水着姿で座ったりしても痛くありません。元気に走り回る子供たちが足をすべらせる危険も軽減できます。*1

 裸に近い姿で過ごす場所で、しかも水に濡れているため、コンクリートのアルカリは皮膚に良くありません。こうして敷き込むことでコンクリートに直接触れることがなくなるため、皮膚の健康にも安全性が高まりますね。


 *1プールサイドを走ってはいけません。
更衣室  今回は、更衣室の床にウッドデッキを敷き込みました。プールの前後に裸足で歩くのですから製品が安全でなくてはいけません。

 リソーネットのウッドデッキは加工にも着色防腐剤の材質についても、安全性を第一に作り上げられていますから、こうした場所でも安心してご利用頂けるのです。







Copyright(c)2000-2002,Riso-Net



最終更新日:2004-06-29
last update : Jun.29,2004